コンセプトConcept

温故創新広東料理の奥深さをみなさまに

菜香のこだわり

SAIKO'S HISTORY 横浜の街とともに七十余年

1919年、曽耀全は中国広東省広州を旅立ち、横浜の大桟橋に第一歩を踏み出しました。
当時、初代はまだ15歳。親戚の貿易会社に丁稚奉公に入りました。
そして第二次世界大戦が終結し、焼け野原の地に建てたバラックから、菜香の歴史が始まりました。
販売したのは配給の小麦粉で作ったドーナツ。食料の乏しい時代、それを手にした人からは笑みがこぼれたといいます。初代は、命をつなぐ”食”の有り難みを痛いほどに感じていました。
そして「銘珍(めいちん)」という食堂を開業、その後中国から食材を輸入し「耀盛號(ようせいごう)」を開業、その食材を使って料理上手の夫人、林健蘭がつくる腸詰めや大根もちも店先に並べ、これが評判を呼び、本店への下地になりました。

1963年に珠江飯店を開業。この頃の中華街は船乗りでにぎわう、いかにも港町の盛り場といった雰囲気。まだ日本人は少なく、店は夫人の家庭料理を楽しみにやってくる香港からの船乗りでいつもにぎわっていました。

1970年代に入ると日中国交正常化、中国ブームが巻き起こりました。中華街の街づくり事業も 活発になり、中華街は一転、日本人も多く訪れるにぎやかな街になりました。中国料理も徐々に浸透し、料理店が飛躍的に増えました。

1984年、広東・香港の食文化である「飲茶」を日本に導入、専門店「菜香 市場通り店」を開業。
「海老蒸し餃子」の透明な皮をはじめ、繊細な姿、これまでにない食感、味わい、菜香の香港点心は日本の人々に驚きをもって迎えられ、連日長蛇の列を生む飲茶ブームを起こしました。

1988年、広東料理の奥深さをよりたくさんの方にお届けしたいと「菜香新館」を開業、初代夫妻の味を受け継ぐ一方、香港屈指の厨師を招聘し、菜香でしか生まれない味をお届けしています。

PAGETOP